就職氷河期世代の生きる道

2001年明大法卒、フリーターを経てやっと就職したのはリーマン・ショックの煽りを受ける百貨店業界。住宅ローンを組み、長女(5)と長男(2)を育てて暮らしていくためには?非正規を大量生産し格差を生んだ平成から、格差を受け容れ生きることが求められる令和の時代。本当の幸せを追求すべく40代でドロップアウトし、社会福祉の道へ。

埼玉県立自然の博物館はもう少し頑張ってほしい施設


f:id:naokit880:20190803162024j:image

猛暑の夏に子供を遊ばせるというのは、本当にむずかしい。

涼しい場所ではありましたが、一瞬にして見るものがなくなってしまったのが埼玉県立自然の博物館。

入り口に迫力のカルカロドンメガロドンというサメが浮いているのですが、その後は化石と剥製の観察。


f:id:naokit880:20190803162445j:image

4才のキミが楽しんでいるように見えますがあまり笑ってないんですよね。

小学生の自由研究ネタにはいいのかもしれません。

古いうえに残念ながら間がもたない施設でした。


f:id:naokit880:20190803162715j:image

ボタンを押すと剥製がライトアップされる仕組み。

しかし、剥製はハクセイ。

動物園には敵わない。


f:id:naokit880:20190803162841j:image

帰り道の道の駅花園でふっかちゃんと会えたことが、ぼくたちのこころに深く刻まれたのでした。

ありがとう、ふっかちゃん