就職氷河期世代の生きる道

2001年明大法卒、フリーターを経てやっと就職したのはリーマン・ショックの煽りを受ける百貨店業界。住宅ローンを組み、長女(5)と長男(2)を育てて暮らしていくためには?非正規を大量生産し格差を生んだ平成から、格差を受け容れ生きることが求められる令和の時代。本当の幸せを追求すべく40代でドロップアウトし、社会福祉の道へ。

真夏の子供の遊び場はさいたま市の鉄道博物館で


f:id:naokit880:20190803100550j:image

真夏に子供を遊ばせられる涼しい室内空間というのは貴重です。

さいたま市鉄道博物館は、大人1300円、三歳以上300円、乳幼児無料。

前日にコンビニなどで前売券を買っておけば、100円安くなります。

残念なのは、お土産以外はクレジットカードがつかえないこと。

そのかわり、入場からお土産まであらゆる場所でスイカが使えますのでクレジットカードでチャージしておけばよかった。

鉄道博物館は、Suica必須の施設です。



f:id:naokit880:20190803101313j:image

迫力満点。


f:id:naokit880:20190803101405j:image

美しい車両の中も堪能できて。


f:id:naokit880:20190803101459j:image

圧倒的なジオラマや。


f:id:naokit880:20190803101535j:image

実物はおろか。


f:id:naokit880:20190803101643j:image

子供列車も楽しめます。


f:id:naokit880:20190803101755j:image

このくらい小さい子どもだと、遊ぶスペースは大分限られますけど(笑)

鉄博バーガー480円など、飲食スペースも充実の施設でした。