就職氷河期世代の生きる道

2001年明大法卒、フリーターを経てやっと就職したのはリーマン・ショックの煽りを受ける百貨店業界。住宅ローンを組み、長女(5)と長男(2)を育てて暮らしていくためには?非正規を大量生産し格差を生んだ平成から、格差を受け容れ生きることが求められる令和の時代。本当の幸せを追求すべく40代でドロップアウトし、社会福祉の道へ。

トゥーランでいざ、鎌倉。


f:id:naokit880:20190425215707j:image

初代リーフという名のポンコツから初代トゥーランという名のポンコツに乗り換えたおかげで、由比ヶ浜まで辿り着きました。


f:id:naokit880:20190425220447j:image

左側のサイドミラーが昨日から閉じなくなりましたが、充電しなくても鎌倉まで来られるというのは嬉しい(笑)

辿り着いたホテルわかみやは由比ヶ浜から歩いて2分という、快適な立地。


f:id:naokit880:20190425220259j:image

江ノ島水族館まで車で10分ほどでしょうか。

今回の旅の目的は、砂浜で貝殻を拾うこと。

ただ、それだけ。


f:id:naokit880:20190425220742j:image


f:id:naokit880:20190425220931j:image

100キロ以上のスピードでみるみるバッテリーが減っていく電気自動車。

充電を気にしながら走ることで行動範囲を制限される、という本末転倒がなくなり、高速道路でも余裕の巡航性能を感じるハイオクなトゥーランがますます好きになったGW前なのでした。

トゥーラン、大好き。

ハズキルーペじゃありませんよ。