就職氷河期世代の生きる道

2001年明大法卒、フリーターを経てやっと就職したのはリーマン・ショックの煽りを受ける百貨店業界。住宅ローンを組み、長女(5)と長男(1)を育てて暮らしていくためには?非正規を大量生産し格差を生んだ平成から、格差を受け容れ生きることが求められる令和の時代。本当の幸せを追求すべく40代でドロップアウトし、社会福祉の道へ。

トゥーランの魅力再発見


f:id:naokit880:20190316140952j:image

こうしてきみと後部座席に乗るのも楽しい、フォルクスワーゲントゥーラン2009年モデル。

150円のハイオクガソリン満タンで先程約8,000円

とられましたが、航続可能距離は約600キロでした。

50リットルですから、燃費はリッター11キロ。10年前のミニバンですから、悪くないと思います。

9セグとなった初代リーフが冬場は約60キロの後続可能距離でしたから、10倍走れる代わりにガソリン代を払うことになったようなものです。


f:id:naokit880:20190316141734j:image

面白いのは新しくつけたイクリプスのナビゲーションから出てくる音が後部座席横のサラウンドスピーカーのおかげでとてもよい。

映画魔女の宅急便に4歳のこっちゃんも釘付け。


f:id:naokit880:20190316142024j:image

後席の真ん中に僕が座ってみると右側はご覧の通り。

広々であります。

そして、魅力的なのはトランクルーム。

補助的な2席を畳めば、


f:id:naokit880:20190316142234j:image

たっぷり実家からの子供用品が積み込めるのでした。

48万円のフォルクスワーゲントゥーラン。

快適です!

壊れなければ、ね。