吾唯知足

逃げ遅れ世代が住宅ローンを組み、長女(4)と長男(1)を育てて暮らしていくためには、何を大切にしたらよいのか。非正規を大量生産し格差社会を生んだ平成から、格差を受け容れ生きることが求められる令和時代において本当の幸せとはなんなのか、世に問うてまいります。

リガーデン


f:id:naokit880:20180712140948j:image

我が家のリガーデンを開始しました。

まずは、雑草の駆除。

とはいえ、大切に育ててきたイワダレソウやセダムたちともお別れです。

玄関前のシンボルツリーも撤去。

建売で購入した物件ですから、愛着のない木々が植えられており、夏になるたびその成長に悩まされてきました。


f:id:naokit880:20180712141227j:image

小さな庭とはいえ、全面改良でインターロッキングを敷くため、入り口に重機が入ります。


f:id:naokit880:20180712141416j:image

殺風景とみるか、ミニマルとみるか。

木の無い玄関前となりました。

ドクダミは全て重機が根こそぎ持っていきました。

小さなスペースなのに凄い。


f:id:naokit880:20180712141544j:image

お構いなしの慶一郎(笑)


f:id:naokit880:20180712141639j:image

すごいスピードで作業は進みます。

低所得者として生きる僕にとって、

貯金を何に遣うかは、非常に重要でした。

日頃は、全額投資信託化していますが

NISAなので、気軽に解約できます。

今回のリガーデンは、私の貯蓄を大きく減額させるものです。

が、それ以上に価値があると信じます。

つづく