吾唯知足

逃げ遅れ世代が住宅ローンを組み、長女(4)と長男(1)を育てて暮らしていくためには、何を大切にしたらよいのか。非正規を大量生産し格差社会を生んだ平成から、格差を受け容れ生きることが求められる令和時代において本当の幸せとはなんなのか、世に問うてまいります。

父の日


f:id:naokit880:20180615221306j:image

あた〜たん、いつもありがとうと棒読みで渡されて気がついた。

自分がお父さんだったということに。

もともと感情的になるのが苦手なので、会社などで怒ったりすることはないのですが、血が繋がっているがゆえに家では怒ってしまうこともあり。

ぶつことはないけれど、よくぶたれてはいます。

ともだちのような、守るべきひとのような、あまり父親らしくという気持ちもなく、一緒に頑張っているだけです。
f:id:naokit880:20180615222141j:image

保育園の帰り道。

 

ただ一つだけ言えるのは、

この子のためなら、命だって惜しくない

ということ。


大嫌いな生命保険に入ったのは、そのせいだったかもしれません。