就職氷河期世代の生きる道

2001年明大法卒、フリーターを経てやっと就職したのはリーマン・ショックの煽りを受ける百貨店業界。住宅ローンを組み、長女(5)と長男(1)を育てて暮らしていくためには?非正規を大量生産し格差を生んだ平成から、格差を受け容れ生きることが求められる令和の時代。本当の幸せを追求すべく40代でドロップアウトし、社会福祉の道へ。

グリルK熊谷のランチは本当のコストパフォーマンス


f:id:naokit880:20180615133354j:image

熊谷で美味しいお肉が食べたい。

それなら、新島のグリルKがおすすめです。

ディナーだと、二人で4000円くらい。

ちと値が張りますが、

ランチだったら1300円でこのボリューム。

サラダ、美味しいスープ、ミニアイスクリーム、生ジンジャーエールがつきます。

コストパフォーマンスってなんだろう。

ワンコインのほっともっと、吉野家、ガスト、色んなお店がありますが。

美味しかったね、また行こうねって言わせてくれるおもてなし、クオリティ。


f:id:naokit880:20180615134134j:image

ランチメニューなら低所得の僕たちだって自分にご褒美、与えられます。

もうすぐ出産を迎える私達。

塩分は控えめにって熊谷レディースクリニックで諭されましたが、どうやらこれが最後の晩餐になりそうです。

入院まであとわずか。

生産性の低いことを繰り返して、日々仕事と称していますが、ここいちばんてぇときにゃ本気で家族を守りたいと思います。


f:id:naokit880:20180615134839j:image