就職氷河期世代の生きる道

2001年明大法卒、フリーターを経てやっと就職したのはリーマン・ショックの煽りを受ける百貨店業界。住宅ローンを組み、長女(5)と長男(2)を育てて暮らしていくためには?非正規を大量生産し格差を生んだ平成から、格差を受け容れ生きることが求められる令和の時代。本当の幸せを追求すべく40代でドロップアウトし、社会福祉の道へ。

VWトゥーラン

トゥーランのてっちんホイールをDIYで塗装してみました

コンチネンタルのオールシーズンに履き替えた相棒のトゥーラン。 気になるのは、10年もののサビ。 タイヤをコンチネンタルに替えた際に、アルミホイールも検索しましたがよく見れば黒のトゥーランに黒のスチールホイール。 カッコイイかもしれないと思い、ホ…

トゥーランのタイヤをコンチネンタルオールシーズンに替える

中古で購入した初代トゥーランのタイヤは、どうやら2013年23週目に製造されたミシュランのようで、大分ひび割れがすすんでいました。 正直なところ、まだまだ走れますし無駄な出費は避けたいところですが夏は40度を超える熊谷の暑さです。 高速巡航時のバー…

トゥーランのヘッドライトを電動ポリッシャーでみがいてみたら

// ビフォー。 まだキズが残っているため時期尚早ではありましたが、アマゾンで購入した3000円の電動ポリッシャーを使ってみたくてやってみました。 すると。 アフター。 まだまだ、キズとキバミは残っていましたが購入時を上回るレベルまで回復。 したよう…

トゥーランのヘッドライトを磨いて失敗しました。

もう、4ヶ月は経ちますが買ったときから気になっているのは、ヘッドライトの黄ばみ。 紫外線による影響でしょうか、ネットで調べてみると自力で磨き上げる方が成功しています。 業者に頼むと、2〜3万というだけあってこの作業は恐ろしく根気がいります。 オ…

トゥーランでいざ、鎌倉。

初代リーフという名のポンコツから初代トゥーランという名のポンコツに乗り換えたおかげで、由比ヶ浜まで辿り着きました。 左側のサイドミラーが昨日から閉じなくなりましたが、充電しなくても鎌倉まで来られるというのは嬉しい(笑) 辿り着いたホテルわか…

トゥーランの魅力再発見

こうしてきみと後部座席に乗るのも楽しい、フォルクスワーゲントゥーラン2009年モデル。 150円のハイオクガソリン満タンで先程約8,000円 とられましたが、航続可能距離は約600キロでした。 50リットルですから、燃費はリッター11キロ。10年前のミニバンです…

前橋COSTCOへ行く、後編。

午後の二時についた前橋のCOSTCO。 初代リーフできていたら往復で丁度電池切れといったところでしょうか。 トゥーランなら余裕です! 大量に荷物が詰めるしね。 気がついたら三時間近く滞在していて帰りは5時を過ぎていたようです。 わかったのは、夕陽が美…

前橋コストコへ行く そのイチ

私たちのライフスタイルに合わないと決めつけていたコストコ。 年会費は税込4752円です。 最後に行ったのは入間のコストコ。 何年前か覚えていないけれど、その日のうちに脱会したのは記憶にあります。 長女が4歳になり食欲も旺盛。 衣料品にかかるコストも…

子育てのために車を妥協したくないパパへ

買ってから1ヶ月でクーラント水漏れ騒動を巻き起こしたトゥーラン。 といっても、リスク覚悟の50000キロ2009年製の初代中期型。 改めて、とても気に入っています。 きみも、ぼくも。 こんなふうにトランクルームであぐらをかいてもらえるなんて、幸せな中古…

教習所に通うことなく学科試験も技能試験も鴻巣免許センターで一発合格

なにを隠そう実は初心者マークなんです、うちのトゥーラン。 レクサスや軽自動車によく煽られますが、子どもたちには道を譲ります。 なぜ初心者マークなのかと申しますと、一時不停止で捕まったんです。すみれさんが。 そのとき免許証の期限が切れているとい…

帰ってきたトゥーラン、さよならポルテ。

4歳になったキミをポニーに乗せるため、東松山のこども自然動物公園へ。 どの車で行くか、選んだ車はアルトターボRS。 このじゃじゃ馬は、アクセルを踏んだら踏んだぶんだけスピードが出る。 軽さは、正義だ。 奥に見える代車のポルテの方が4人家族で行く…

10年前の2ドアポルテ、メリットとデメリット

代車のポルテはツードアではじめは、子育て世帯に最適かもしれないと記述したのですが、通勤で思うところがありました。 まず、左側の電動スライドドアは子供の載せおろしには便利なのですが、ハンドバッグなどちょっとした荷物を取り出すときにはいちいち面…

子育て世帯に便利なコンパクトカーポルテを借りる

きのう購入して1ヶ月の中古輸入車トゥーランがはやくも入院してしまいましたので、代車を借りました。 TOYOTAのポルテです。 そういえば、保育園でよく見かけるこのクルマ。 80,000キロは走っている代車で鴻巣から熊谷までかっ飛ばしてみたところ。 走りはそ…

トゥーラン冷却水漏れの原因

フォルクスワーゲン熊谷にて、リコールの対応。 今回は購入してまもない2009年製トゥーランの灯火改修という建前でしたが、ついでに冷却水漏れの原因を追究。 原因は冷却用ホースのオーリングが劣化の為、水が漏れているとのこと。 オーリング自体は、2,592…

フォルクスワーゲン熊谷

憧れのフォルクスワーゲンにお邪魔しております。 身の丈に合ってないのはわかっています。 10年前のトゥーランに乗り始めたんですからね。 まずは、リコールの対応からです。 それから、先のクーラントは販売店に対応してもらいます。 びっくりしたのは、助…

トゥーランおもらしをする

おすすめのトゥーラン2009モデルに不具合発生(笑) ボンネットを開けてみると むかって左側の冷却水タンクがMINを下回ってます。おーい。 買ったばかりだぞ。 よく見ると、お漏らしの跡が! 島崎自動車さんに相談したところ、とりあえず水を入れてお越し…

2009トゥーラン実燃費と不便なところ

2009年製フォルクスワーゲントゥーラン。 熊谷から渋川市伊香保温泉まで、下道でゆき帰りは高速道路で帰ってきましたが、燃費は驚くほど向上しました。 普段の街乗りではリッター10キロだったのが、軽く11キロをこえました。 10年前のミニバンでこの数字は悪…

子連れ狼、伊香保温泉ふくぜんに泊まる。

子連れ狼、伊香保温泉ふくぜんに一泊。 これで三回目の旅館です。 ふくぜんの魅力は、露天風呂付、朝夕部屋食というじゃらんの贅沢プランでなんとか五万円以下に抑えられるところ。 じゃらんクーポンだとか、使いますけどね。 大浴場の前にはキッズスペース…

前橋るなぱあくで遊ぶ

慶一郎もゴキゲンのここは、前橋るなぱあく。 入場料は、もちろん無料です。 木馬10円、幼児向け乗り物が昭和の値段で楽しめるほか、昭和レトロな乗り物に全て50円で乗れます。 大人も子供も楽しめます。 お気に入りのメリーゴーアラウンドでご満悦のプ…

初代リーフからトゥーランに乗り換える

横から見ると、リーフを高くしてノーズを短く、トランクルームをしっかり確保しているみたいです。 さて、リーフは維持費の安さから経費削減によい車でした。 また、子育てという観点からも充電しながらディーラーでおやつをもらってキッズスペースで遊ばせ…

フォルクスワーゲントゥーラン VS 日産リーフ

会社から帰るとフォルクスワーゲンから手紙が届いていた。 内容は、先日購入した10年前のトゥーランに灯火不良のおそれがあるとのこと。 そもそもフォルクスワーゲンで購入してないし、リーフを下取りに出して30万円で買ってるし。 そういえば、購入前に確認…

VWトゥーランとハイオクのお値段

2012年製初代リーフから、悩んだ挙げ句乗り換えた2009年製フォルクスワーゲンのトゥーラン。 約52000キロのオドメーターですが、今日初めてガソリンを入れました。 ハイオクなんて、初めてですからドキドキです。 いや、その後のガソリン代の上昇のほうにド…

中古輸入車の愉しみ

鴻巣から熊谷への帰り道。 2009年製の車とあって、リーフと比べたら平凡なヘッドランプ。 明るさはちと物足りないし、LEDでないのは古さを隠し切れません。 しかし、ふと気がついたトゥーランの魅力。 モスバーガーに立ち寄ったり、家に着いたとき、なぜ…

フォルクスワーゲントゥーランは30万円で買う(納車編)

ついに、VWトゥーランの納車。 お、値段以上の30万円(リーフ下取&諸経費込み) といっても、2009年製のトレンドラインですが。 乗ってみて驚いたのは、リーフと大差ない静かさ。 そして、アウトバーンで鍛え抜かれた安定感。 なんだか高級車に乗ってるみ…