吾唯知足「年収300万で暮らす」

年収300万円の逃げ遅れ世代が住宅ローンを組み、長女(4)と長男(0)を育てて暮らしていくためには、何を大切にしたらよいのか。非正規を大量生産し格差社会を生んだ平成から、格差を受け容れ生きることが求められる令和時代において本当の幸せとはなんなのか、世に問うてまいります。

ひかりTVから突然の営業電話にひっかかり速攻で解約した件

その電話はイオンモール無印良品で子供を抱っこしているときにかかってきた。

ひかりTVの営業電話である。

「いまお時間大丈夫ですか」

と言われだめともいえず、集中して話を聴いてしまったのが失敗であった。

内容は、新しいルータとひかりTVのチューナーを無料で送るから、2ヶ月試して解約して構わないとのこと。

問題は、解約するには電話連絡とチューナーの返却が必要ということだが、電話が繋がらないため、2ヶ月を経過してしまい有料となった挙げ句、消費者センターにもクレームの電話がいっているということ。

しかし、ぼくの場合は1週間で無料解約に成功。

以下、被害者をなくすために解約の方法を掲載します。

まず、ひかりTVを視聴してみる。

下記へ佐川の着払いでチューナーを送り返す。

〒272-0001
千葉県市川市二俣717-88

株式会社NTTぷらら ひかりTV 回収担当

精密機器・ワレモノ・下積厳禁(記載必須)

視聴を始めた翌月の朝10時にカスタマーセンターに電話をかける。

当然繋がらないのでスマホをスピーカーにして、絵本を3冊ほどこどもに読みきかせる。

繋がる。

解約の意思表示をし、送られてきた契約情報と佐川の配送伝票番号を伝え、無料解約の確認をし担当者名を聴いておく。

頼んでもいないのに、突然ソニーコミュニケーションから佐川急便による古いルータの回収集荷があったことには驚きを隠せなかったが、とりあえずファーウェイの新しいルータに無料で交換できたからよかった。

みなさんもニューロひかり、ひかりTVの営業にはくれぐれもご注意くださいね。