吾唯知足「年収300万で暮らす」

年収300万円の逃げ遅れ世代が住宅ローンを組み、長女(4)と長男(0)を育てて暮らしていくためには、何を大切にしたらよいのか。非正規を大量生産し格差社会を生んだ平成から、格差を受け容れ生きることが求められる令和時代において本当の幸せとはなんなのか、世に問うてまいります。

夜驚症


f:id:naokit880:20190112234510j:image

夜中に突然目が醒めたかのように起き上がり、泣き叫ぶ君。

まるで起きている。夜泣きではない、夜驚症でしょうか。

その怒りと悲しみは、会社にいるときの僕の気持ちを代弁しているかのようです。

手を差し伸べても、怒り狂って払い除けられ。抱きしめようとすれば、蹴りが飛んでくる。

そのきもちなら、痛いほどわかります(笑)

きみは保育園でいい子を演じようとしているのかな。確かに僕も君に、いい子を求めすぎているかもしれない。

いい子ってなんだろう。

親にとって先生にとって、都合のいい子?

そうじゃない。

自己肯定感の強い人。

それこそが、いい子だ。

自制心も大切だけど、自分の気持ちを自分の言葉で伝えられるように育てたい。

僕に足りない、その能力を身につけさせたい。

私のように、言いたいことを我慢する能力ではない。伝えたいことを、適切な言葉で表現できる能力を。

三つ子の魂、百まで。

泣き叫んでも構わない。

もうすぐ四歳になる君に、必ず授けてみせましょう。