熊谷で涼しく暮らす

平成30年7月、再び史上最高気温の41.1℃を記録した熊谷。そんな暑い街に家を買ってしまった低所得共働き夫婦の子育て日記。ミニマリストを目指しつつ、欲しいものは手に入れる。生産性高めなサイトを目指してます。

エアコン修理と火災(家財)保険その二

外資系大手保険会社AIG傘下のAIUスイートホームプロテクション(火災保険)に加入しておりますので、エアコン修理費の請求を行ってみました。

f:id:naokit880:20181010235224j:plain

 

なお、エアコン故障の原因は「落雷の可能性があり」かつ「因果関係の証明はできない」前提です。言ってしまうと熊谷の暑さに負けて既に壊れていた可能性も否定できません(笑)

※但し、家財保険は加入しています。

結論から申しますと、請求から約2週間でエアコン修理費27,000円が振込まれました。

エアコンが壊れた時期と落雷の時期がほぼ同じだいう文書をつけて、エアコン修理の領収証を送っただけ。

 

破格の20万円で加入した35年分の火災保険から約3万円も戻ってくるとは。嬉しい。

家電量販店の10年保証なんてますますいらない気がします。

AIUスイートホームプロテクションは、コストパフォーマンスの優れた火災保険だと思います。

 

重ねて申し上げますが、これから住宅ローンを組まれる方は、水害や風災害を保険対象から外すことで50万円以上の経費削減ができます。

そういった立地に居住することが意外と生産性を高めることに繋がるんですよね。

もっとも、暑い熊谷はエアコンの電力費がバカになりませんので、それはあとのうちわ祭りですけど。
f:id:naokit880:20181010232529j:image

先日の台風は恐怖でした。もしも、水害、風災害に遭っていたらひとたまりもない我が家計。

リスクマネジメントは確かに大切です。

しかし、起こる可能性の高いリスクに備えるのが我々低所得者の生きる道ではないかと思います。