熊谷で涼しく暮らす

平成30年7月、再び史上最高気温の41.1℃を記録した熊谷。そんな暑い街に家を買ってしまった低所得共働き夫婦の子育て日記。ミニマリストを目指しつつ、欲しいものは手に入れる。生産性高めなサイトを目指してます。

ライフシフト


f:id:naokit880:20180928221209j:image

ぼくがスマホではなくて、カメラを手に取るのはその瞬間が永遠ではなくて、最初で最後になると意識してしまうとき。


f:id:naokit880:20180928221419j:image

この時間が止まってほしいと願うとき。

 

子曰く 「吾 十有五にして学に志し 三十にして立ち 四十にして惑わず 五十にして天命を知る 六十にして耳順い 七十にして 心の欲する所に従いて矩 のり を踰えず」。

 

論語にはたしか、そう書かれていたとおもう。

確かに30を過ぎて結婚もし、やっと自立して家庭を持ったことで、立つことができたのかもしれない。

いま、40となり大いに戸惑うが、20代30代の頃の様な野心みたいなものは消えた。

自分はこの程度かと身の程を知り、身の丈にあった生活を送る覚悟もできている。

諦めるとは、仏の世界では明らかに究めるという意味で明らめるとも書くそうだ。

芸能人やスポーツ選手のような、「成功」に対する欲望も失せ、キャリアポルノと言われる自己啓発本やビジネス書も読まなくなった。


f:id:naokit880:20180928222415j:image

70も過ぎれば思いのままに生きて、道を踏み外すこともなかろう。

不惑の40という歳は、退職を意識するのに絶妙な時期だ。

いよいよ、退職するまでの助走を始めなければならない。

キャリアの棚卸し、強みは何か。

そしてなにより、好きは何か。

こんな文章を書くのも、読むのも、好きの始まりかもしれない。

遅かれ早かれ定年は延び、70まで働かなければならない時代がやってきそうだ。

ライフシフト

とはいえ、助走の距離は長い方がより遠くまで飛べるかもしれない。