熊谷で涼しく暮らす

平成30年7月、再び史上最高気温の41.1℃を記録した熊谷。そんな暑い街に家を買ってしまった低所得共働き夫婦の子育て日記。ミニマリストを目指しつつ、欲しいものは手に入れる。生産性高めなサイトを目指してます。

薬漬けでも生きろ

f:id:naokit880:20180829211805j:image

もう二ヶ月経ったのか。

まだ二ヶ月しか経ってないのか。

会社員としての自己評価は0点だけど、

父親としての自己評価は80点だ。

ミルクもあげるし、オムツも替える。

沐浴だって俺のほうが上手だし、げっぷさせるのだってお手のものだ。

悔しいのはいくらやろうとしても、おっぱいがでないことだ(笑)

もっともっといいお父さんになりたい。

夜中の授乳やオムツ交換。

まだまだ頼ってしまうことが多くて。

申し訳ないんだ。

けれども、働かなければいいお父さんにはなれそうもない。

出社して正露丸を呑み、家に帰ってロキソニンを呑む。

どうやらぼくは仕事ができる、カッコいいお父さんにはなれそうもない(笑)

 

竹原ピストルが、

薬漬けでも生きろ 薬漬けでも生きろ

どうせ人間誰もが なんらか漬けで

生きてるんだ 大差ねえよ

と歌っていた。


f:id:naokit880:20180829224215j:image

 

俺も薬漬けだけれど、家族を大切にする優しいお父さんにはなれるかもしれない。

会社でエラそうにしてる輩と、大差ねえよ。

家族と一緒にご飯を食べたり、朝は3歳の娘を保育園に送っていく。

仕事なんか、その後で十分だ。大差ねえよ。

こどもが熱を出せば病院にも行くし、予防接種だって連れて行かなきゃ。

仕事なんかその後で十分だ。大差ねえよ。

ぼくは、家族とゆっくり笑って人生をいきることにする。

それは、今思い返せば、ずっと思い描いてきた人生だったかもしれない。

肩書きで呼ばれたり、先生とか言われてふんぞり返って、生きようとしていたもう一つの生き方と、大差ねえや。