吾唯知足「年収300万で暮らす」

年収300万円の逃げ遅れ世代が結婚をし、住宅ローンを組み、長女(4)と長男(0)を育てて暮らしていくためには、何を大切にしたらよいのか。非正規を大量生産し格差社会を生んだ平成から、それを受け容れ生きることが求められる令和時代において、幸せとはなんなのか世に問うてまいります。

アルトターボRSの実燃費


f:id:naokit880:20180816231253j:image
内燃機関のあるアルトターボRSは買ってよかったセカンドカーです。

走る悦びは、日産リーフの比ではありません。

小さなエンジンをブン回せば、煽りぐるまのLEXUSだってなんのその。

100万円以内でFuntoDriveを追求したいなら、アルトターボRSは低所得者の強い味方です。

カーブの多いレースなら、GTRを抑えられるとか。

媚びない硬派なデザインは所有する喜びもあり、軽自動車のスポーツカーとして、4ドアなので子育て用のセカンドカーとして、間違いなくリセールバリューがあると思います。

f:id:naokit880:20180816223311j:image

しかし、20リットル満タンで航続可能距離300kmというのは、JC08燃費25km/l表記からすれば、ちょっとがっかり。

実燃費は街乗りで15km/lといったところでしょうか。でも軽井沢まで高速に乗れば、しっかり20km/lを刻めるのでした。

いずれにせよ、子育て中のセカンドカーで楽しい車を探すなら、NBOX以外にも選択肢があるということ。

軽自動車であるがゆえの維持費の安さ、なによりFuntoDriveを追求するなら、こういう選択肢もあるのだということです。

最近ではジムニーとシエラが大人気のスズキ。

ハスラースイフトスポーツをはじめ、良い車を作っている会社です。