吾唯知足「年収300万で暮らす」

年収300万円の逃げ遅れ世代が結婚をし、住宅ローンを組み、長女(4)と長男(0)を育てて暮らしていくためには、何を大切にしたらよいのか。非正規を大量生産し格差社会を生んだ平成から、それを受け容れ生きることが求められる令和時代において、幸せとはなんなのか世に問うてまいります。

リーフで日本水〜小松澤レジャー農園でぶどう刈り


f:id:naokit880:20180814222410j:image

ぶどう畑のりんごガール。

久しぶりに初期型リーフの力試しです。

熊谷から寄居、日本水の急勾配を登り、秩父横瀬、小松澤レジャー農園でぶどう刈りという設定です。

6年目10セグ49000キロのリーフには、ちょうどよい距離でした。

日本水を越えたあたりで新型リーフとすれ違い嫉妬。

9セグになっても、新型リーフは買いませんよ!と心の中で思う。


f:id:naokit880:20180814223201j:image

往復で90キロくらいでしょうか。f:id:naokit880:20180814223403j:image
ご機嫌斜め。

季節的にはまだ暑すぎたみたいです。

ぶどう刈りは銘柄を選べず、秋の味覚までもう少し時間がかかりますけど、別売りの一房1500円位のやつをお土産にかったら、メチャクチャ美味しかったとのこと。f:id:naokit880:20180814223934j:image

小松澤レジャー農園で特別販売しているのを買うのが、大人にはおすすめ。

もっとも子供には、ぶどうがなっていてそれを刈るという経験をさせてやりたかったのですが、この時期大人1200円かける2。

未就学児800円は、ちと高すぎました。

で、熊谷に帰ってきたら。f:id:naokit880:20180814224109j:image

程よいバッテリーの疲れ具合。

途中秩父駅で大好きな秩父餅を買いました。

200円の有料急速充電器は利用せず、下りの回生で自宅まで帰れると判断しました。

この辺がベテランリーフ乗りの腕前と自負してます。

f:id:naokit880:20180814224332j:image

↑これ、うまいです!