熊谷で涼しく暮らす

平成30年7月、再び史上最高気温の41.1℃を記録した熊谷。そんな暑い街に家を買ってしまった低所得共働き夫婦の子育て日記。ミニマリストを目指しつつ、欲しいものは手に入れる。生産性高めなサイトを目指してます。

リーフで日本水〜小松澤レジャー農園でぶどう刈り


f:id:naokit880:20180814222410j:image

ぶどう畑のりんごガール。

久しぶりに初期型リーフの力試しです。

熊谷から寄居、日本水の急勾配を登り、秩父横瀬、小松澤レジャー農園でぶどう刈りという設定です。

6年目10セグ49000キロのリーフには、ちょうどよい距離でした。

日本水を越えたあたりで新型リーフとすれ違い嫉妬。

9セグになっても、新型リーフは買いませんよ!と心の中で思う。


f:id:naokit880:20180814223201j:image

往復で90キロくらいでしょうか。f:id:naokit880:20180814223403j:image
ご機嫌斜め。

季節的にはまだ暑すぎたみたいです。

ぶどう刈りは銘柄を選べず、秋の味覚までもう少し時間がかかりますけど、別売りの一房1500円位のやつをお土産にかったら、メチャクチャ美味しかったとのこと。f:id:naokit880:20180814223934j:image

小松澤レジャー農園で特別販売しているのを買うのが、大人にはおすすめ。

もっとも子供には、ぶどうがなっていてそれを刈るという経験をさせてやりたかったのですが、この時期大人1200円かける2。

未就学児800円は、ちと高すぎました。

で、熊谷に帰ってきたら。f:id:naokit880:20180814224109j:image

程よいバッテリーの疲れ具合。

途中秩父駅で大好きな秩父餅を買いました。

200円の有料急速充電器は利用せず、下りの回生で自宅まで帰れると判断しました。

この辺がベテランリーフ乗りの腕前と自負してます。

f:id:naokit880:20180814224332j:image

↑これ、うまいです!