吾唯知足「年収300万で暮らす」

年収300万円の逃げ遅れ世代が住宅ローンを組み、長女(4)と長男(0)を育てて暮らしていくためには、何を大切にしたらよいのか。非正規を大量生産し格差社会を生んだ平成から、格差を受け容れ生きることが求められる令和時代において本当の幸せとはなんなのか、世に問うてまいります。

アルトターボで伊香保温泉


f:id:naokit880:20180418134655j:image

LEAFの充電カードを解約してしまったので、もはや行けなくなってしまった伊香保温泉。

今回の目的地は、子育て世帯、マタニティ応援旅館のふくぜんでした。

そんなときは、アルトターボRS。


f:id:naokit880:20180418135623j:image

熊谷から渋川まで余裕でかっ飛ばしますが、気になるのはロードノイズ

その点、初期型のリーフには及びませんでした。

やはり高速道路で排気量660というのは、短距離ならともかく、疲れます。

なぜに、軽自動車は660ccなのか。

国土交通省はいつになったら軽自動車という概念を変えるのか。

閑話休題

f:id:naokit880:20180418141025j:image

お昼は時代屋の釜飯。


f:id:naokit880:20180418141136j:image

 

ところで旅館ふくぜんは男の大浴場にも、赤ちゃんを寝かせるベッドやおむつ交換ポイ捨てゴミ箱が設置されていました。


f:id:naokit880:20180418135547j:image

ことはのいう、あそぶところは少しだけ。


f:id:naokit880:20180418135504j:image

子育て世帯やマタニティの温泉旅行には、至れり尽くせりの温泉旅館。

ふくぜんは、これで二回目です。

泊まるときは、思い切って露天風呂付のお部屋で夕食朝食全部持ってきてもらいます。

約45,000円の支払いは、全部カードで。

今回は、漢方スタイルクラブカードで溜まったポイント約30,000円分を全部使ってしまいました。

ぼくは仕事頑張ってないので、マタニティ期間を頑張る妻へのご褒美です(笑)