熊谷で涼しく暮らす

低所得&共働き夫婦の子育て日記。住宅ローンを抱えた低所得者なりの資産運用から、ライフスタイルに合わせた固定費削減で涼しく暮らしていきます。

間違いだらけのエコカー選び


f:id:naokit880:20180409221619j:image

今は亡き、徳大寺有恒さんの本をAmazonで購入。

新品と表示されていて、なぜか1円+送料。

騙されたと思って購入してみたら案の定、本屋さんの間違い(非常に状態の良い古本)でした。

本屋さんから、誤表記についてのお詫びのメールが届き、返金処理。

届いた本は処分して構わないとのこと。

まるで熊谷の百貨店のようなスマートな対応に嬉しくなりました。

すなわち、名著を無料で購入したことになります。

さてさて、私が4年前に購入した中古の初期型リーフも2012年の初度登録からは6年が経過し、いよいよ走行距離も50,000キロを目指しているところです。

バッテリーも残すところ10セグとなった今は、もはや通勤専用快速自動車。

今度の伊香保温泉旅行は、アルトターボRSで行こうか検討中なのですが、これって本当の意味でエコカーって言えるのでしょうか。


f:id:naokit880:20180409223934j:image

徳大寺有恒さんは、ポルシェ911のように10年乗っても壊れない、これも一つのエコなのではないかとおっしゃっている。

4年乗ったら近郊往復距離しか走れなくなった初期型リーフ。

CO2の排出がゼロエミッションなら、ツーリングや旅行の楽しみもゼロエミッション。

これでいいのか日産LEAF

ということで、いま一度エコロジカルとエコノミカルについて学び、徳大寺先生に弟子入りしたのでありました。