吾唯知足「年収300万で暮らす」

年収300万円の逃げ遅れ世代が住宅ローンを組み、長女(4)と長男(0)を育てて暮らしていくためには、何を大切にしたらよいのか。非正規を大量生産し格差社会を生んだ平成から、格差を受け容れ生きることが求められる令和時代において本当の幸せとはなんなのか、世に問うてまいります。

トゥーランのヘッドライトを電動ポリッシャーでみがいてみたら


f:id:naokit880:20190512102855j:image

ビフォー。

まだキズが残っているため時期尚早ではありましたが、アマゾンで購入した3000円の電動ポリッシャーを使ってみたくてやってみました。

すると。


f:id:naokit880:20190512103132j:image

アフター。


f:id:naokit880:20190512103200j:image

まだまだ、キズとキバミは残っていましたが購入時を上回るレベルまで回復。

したような。

とりあえず、正しい手順を踏めば自分でもヘッドライトの復活はできそうです。

ちなみに、マスキングテープなどでライト周りはカバーするのがあたりまえですけど、面倒くさいのでやっていません(笑)

トゥーランのヘッドライトを磨いて失敗しました。


f:id:naokit880:20190509171048j:image

もう、4ヶ月は経ちますが買ったときから気になっているのは、ヘッドライトの黄ばみ。

紫外線による影響でしょうか、ネットで調べてみると自力で磨き上げる方が成功しています。

業者に頼むと、2〜3万というだけあってこの作業は恐ろしく根気がいります。


f:id:naokit880:20190509171347j:image

オートバックスやらジョイフル本田で購入した研磨材で磨いては見たものの、購入当初の方が遥かにキレイでした。

やってしまったかなと思うのは、400番台の粗目で磨いたキズが荒すぎました。

今は3Mのウルトラファイン、800番台で復旧を試みつつ、アマゾンで買った電動ポリッシャーの出番を待っています。


f:id:naokit880:20190509172130j:image

10年ぶりの江の島にて


f:id:naokit880:20190426222855j:image

ほぼ10年前、GRデジタルというカメラを片手にひとり江の島を訪れ、自由気ままに写真を撮り、生しらすをたいらげていました。


f:id:naokit880:20190426223058j:image

生姜のきいた生しらすが美味かったのかどうかも覚えていないけれど、それ以降一度も生しらすは食べられていません。

昨日も結局、時化のせいで生しらすは食べられず。


f:id:naokit880:20190426223320j:image

グーグルフォトで10年前の写真をダウンロードして、掲載しています

あれから、10年。


f:id:naokit880:20190426223856j:image

存在しなかった二人の子どもたちがぼくの自由を奪い、ぼくの新たな被写体となったのでした。


f:id:naokit880:20190426223811j:image

そう考えると、10年後に自分が存在しているのかは疑わしいものです。

被写体は風景から、家族へと変わりました。


f:id:naokit880:20190426224918j:image


f:id:naokit880:20190426225102j:image

10年前は自由に江の島を散策できたけれど、昨日はベビーカーと君たちのおかげでほとんど何も見られませんでした。


f:id:naokit880:20190426224514j:image

由比ヶ浜から臨んだ海も、10年前よりよっぽど優しく見えます。


f:id:naokit880:20190426224648j:image

 

トゥーランでいざ、鎌倉。


f:id:naokit880:20190425215707j:image

初代リーフという名のポンコツから初代トゥーランという名のポンコツに乗り換えたおかげで、由比ヶ浜まで辿り着きました。


f:id:naokit880:20190425220447j:image

左側のサイドミラーが昨日から閉じなくなりましたが、充電しなくても鎌倉まで来られるというのは嬉しい(笑)

辿り着いたホテルわかみやは由比ヶ浜から歩いて2分という、快適な立地。


f:id:naokit880:20190425220259j:image

江ノ島水族館まで車で10分ほどでしょうか。

今回の旅の目的は、砂浜で貝殻を拾うこと。

ただ、それだけ。


f:id:naokit880:20190425220742j:image


f:id:naokit880:20190425220931j:image

100キロ以上のスピードでみるみるバッテリーが減っていく電気自動車。

充電を気にしながら走ることで行動範囲を制限される、という本末転倒がなくなり、高速道路でも余裕の巡航性能を感じるハイオクなトゥーランがますます好きになったGW前なのでした。

トゥーラン、大好き。

ハズキルーペじゃありませんよ。

 

 

急性気管支炎とジェニナック処方の記録


f:id:naokit880:20190417000734j:image

4/11 夜、強烈な寒気と39℃の高熱。

4/12 38℃、外販と苦情処理のため出社。

  夕方野口医院にて、レントゲン。肺に異常はなく、ムコダインムコスタ、レスプレン、ムコスタガスターを処方される。

4/13 38℃、休日のため寝ている。

4/14 38℃、やむなく出社。午前中野口医院にて熱が下がらない旨、黄色い痰が出たと伝え、気管支炎との診断。抗生剤ジェニナックを処方される。

4/15 38℃、ジェニナック2日目投与。晩にようやく解熱した。

ことはも慶一郎も気管支炎のようで、咳鼻水に苦しんでいる。